営業時間

営業時間 

10:30 ~ Last

(時間外もご相談に応じます)

 

不定休 (ホーム下部のINFOと ブログに月毎のお休みが表示してあります)

ご予約

 ご予約やお問い合わせは

 お気軽にお電話下さい

 

 TEL

  011-746-6044

 

 

携帯用HPは

こちらから!

 

 

 

 

 

 

 · 

2021年6月の休業日 『昆虫食』の好き嫌いより『食品ロス問題』を語るのが先なのでは…?

◆2022年6月(風待月)のお休み

 

   6日(月)

 11日(土)12日(日)

 20日(月)・21日(火)

 26日(日)

 

インターネットからのご予約・初回限定クーポンはこちら

 

  

先日、

カブトムシの飼育ケースの土を入れ替えて

幼虫が蛹室 (ようしつ:サナギが羽化するための部屋)を

作るための準備をしました。

 

10年ほど前からずっと

カブトムシの飼育を続けています。

卵 → 幼虫 → サナギ → 成虫 → 卵→ 幼虫…

というサイクルを

毎年繰り返し、気がつけば10余年!

 

よくもまぁ飽きもせず…。

いや、とっくに飽きてはいるんですっ!!

随分前から、かなり飽きてはいるんですっ!!!

 

そもそも

息子の希望ではじめたカブトムシの飼育なのに、

なんで飼育ケースが

ずっと私の部屋にあるのか!?

なんで入れ替え用の土代が

いつも私の小遣いから支出されているのか!?

なんで夏場のエサやりが

いつも私の係なのか!?

 

大人気も無く、

数年間 胸の内にあった汚泥のような想いが

駄々洩れてしまいましたが、

自然繁殖してるのに手を出すのは野暮だし、

飼っているカブトムシを野に放つのは御法度だし、

最近流行りの昆虫食にするには色々と骨が折れそうだし

堅そうだから差し歯も折れそうだし、

誰かまとめて引き取ってくれないかなぁ…。

 

ちなみに今年の幼虫の数は42匹…!

 

足療院では

足裏や脚部に関するお悩みをお持ちの方と

カブトムシを42匹飼ってみたい方を

応援しております!!

 

 

6月もよろしくお願いします。